オフィス

eラーニングによる内定者研修|社宅制度や労務管理制度

住環境に関わる福利厚生

ビルの模型

人手不足が問題視される現代において、企業は既存の人材を保持する必要があります。つまりは、人材の定着化です。人材を企業に定着させるためには、従業員満足度を向上させる必要があります。従業員満足度は、福利厚生制度を充実させることによって向上するでしょう。福利厚生制度には様々なものがありますが、従業員満足度向上に繋がる福利厚生として住環境に関わるものが挙げられます。住環境に関わる福利厚生というのは、企業に勤める人材の住居費を企業が支援するといったものになります。代表的なものとして、社宅制度と住宅手当制度が挙げられるでしょう。この二つの制度は、どちらも企業に勤める人材の住居費の負担を軽くするための制度です。ここでは、それぞれの違いについて知っていきましょう。
社宅制度と住宅手当制度の違いというのは、住居費の負担を軽くする方法にあります。社宅制度では、企業側が用意した物件に労働者とその家族を住まわせるといったもので、住居費の何割かを企業側が負担するものとなります。住宅手当制度は、労働者の給与に対して住宅手当費を上乗せし、住居費の負担を軽減するといった制度です。それらの違いというのは、決められた物件に住むか自身で選んだ物件に住むかの違いとなります。しかし、金銭的にも違いが発生するのです。金銭的な違いというのは、所得税の課税対象に関係します。住宅手当制度というのは住居費を給与に上乗せして支給されるため、所得が増加したことになります。つまりは、所得税の課税対象となってしまうのです。それに比べ、社宅制度は所得税の課税対象となりません。