オフィス

eラーニングによる内定者研修|社宅制度や労務管理制度

労務管理の三要素

メンズ

企業の経営には労務管理が必須だと言われており、労務管理を行う際にはある三つの要素が重要になるとされています。労務管理というのは、企業に勤める人材の管理を指します。この労務管理は人事管理や人事労務管理とも呼ばれており、基本的には人事部が担当します。企業における人材というのは、経営資源の中でも最優先されるべき資源です。企業の経営において、人材が無ければ継続は困難なものとなるでしょう。また、その他の経営資源である金や物といったものがあったとしても、それらを活用する人材がなければそれらは意味を成しません。そのため、経営資源において人材というのは重要なものとされているのです。
企業における労務管理において重要な三つの要素というのは、モラールの維持向上・生産性の向上・コンプライアンスの三つになります。この三要素は企業の規模に関わらず労務管理において重要な要素とされており、この要素を全て関連させつつ労務管理を行っていく必要があるのです。三要素の一つであるモラールの維持向上というのは、目的達成意欲及び勤労意欲等といった仕事に対する姿勢の維持向上になります。人材の仕事に対する姿勢が良いものであれば、企業における組織力の向上にもなるのです。次に生産性の向上については、人材育成による人材成長が関わってきます。その人財育成を行う際には、各人材が従事する業務を可視化する必要があるでしょう。業務の可視化によって業務プロセスにある無駄を洗い出し改善した上で、効果的な人材教育を行っていくことができるのです。